Takamori.com選手は2008年スーパー耐久シリーズ、シビック ワンメイク(東日本シリーズ)にフル参戦します。応援宜しくお願いします。

スーパー耐久シリーズ第5戦 SUPER TEC  ST4クラス 予選4位 / 決勝3位


■開催概要およびレース結果
開催日 2008年9月6日(土)予選  7日(日)決勝 
開催地 岡山県美作市「 岡山国際サーキット」(一周3.703km)
レース距離 500Km
ドライバー Aドライバー Takamori.com  / Bドライバー 山本すばる
車両名 CARACOAT.Bemove.ERG.ED.DC5
レース結果 ST4クラス  予選3位 / 決勝4位    
参加台数 参加台数:33台  出走台数:33台(決勝レース出走 33台、完走 30台) ST4参加台数:7台
観客動員 9月6日(土)4,100名 / 7日(日) 10,050名
リザルト  予選結果(PDFファイル)    決勝結果(PDFファイル)
         

■レースリポート

9月6日(土) 公式予選


実はTakamori.com選手、岡山国際サーキット、今週末、初めて走りました。



個人的な感想としては、『国内のどのサーキットにも似てない。』、なんか、ブレーキで止めすぎちゃうとタイムが出なさそう! なんだけど、、、コース幅(と言うかコースアウトしてからのエスケープ)がめちゃ狭いので、安全マージン取って、心理的にブレーキ踏みすぎちゃう感じ・・・・



事前練習として、金曜日のフリー走行:1時間×3回で、だいたいのコースの癖は分ったんだけど・・・まだ細かいとこがワカラナスギ。路面のギャップや、タイヤカスのたまる場所、ラバーによってグリップが変化する箇所、etc・・・レース前に確認する事が時間的に全てコナせませんでした。


十勝で燃えてしまった73号車も無事にリペアが済み、無事、復活です!!

そういえば、前回の十勝では予選が無かったので、公式予選は第3戦の富士以来になります。決勝のグリッドは、A・Bドライバー公式予選タイム、それぞれの合算タイムで確定するので、どちらのドライバー一方だけが速くてもダメで、二人とも速く走る必要があるのです!

つまり、『ボク、はじめてのサーキッなので・・・』と言う言い訳はできない!って事なのね・・・・ふーーん。まっ、決勝レースを楽に戦うためには、少しでも前の決勝グリッドを狙ってタイムアタックしなきゃいけないから、今回Bドライバーの山本すばる選手に思いっきり頼ってしまう作戦で行きますか?(笑)


15分間の走行時間の中、念のために計測3ラップは全開で行きますが、実質、タイヤの美味しいところは1〜2周だけなので、クリアラップ作って、狙った周に一発勝負です。昨日までのベストラップは、1分48秒台でした。。。


昨日から走行イメージをいろいろ練り上げたので、1分46秒5までのイメージは、できたので、そのイメージにどれだけ近づけるのかが今回の自分の予選のテーマ(目標タイム)になります。しかし、昨日の練習から、今日の予選走行まで、実際にマシンをドライブすることはできないので、自分のイメージ通りに走らせれるのか?不安もたくさんです!(笑)


そういえば、今週末、NEWタイヤでの走行も初めてだっけ? まして、初めてのコースで、一発でオレ、タイム出せるかな?とちょっと弱気な考えもあったりますが、予選に集中しますか!



■Aドライバー予選

金曜日から気にしていた天気もバッチリ晴れて、予選には最高のコンデション。気温は約30℃。午後1時35分から3・4クラスのAドライバー予選がスタート!

まずは、ピットロードを出て、1周目のアウトラップです。ちょっと車を左右にふってリアタイヤのグリップを確認したいんだけど。。。無駄なローリングでタイヤつぶすの避けたいので、アクセルとブレーキ使って、前後に車の過重を動かして、タイヤに熱を入れていきます。

ヘアピンでちょっとリアが流れたけど、気にせず、さらにペースアップ!!今週ズーット苦手だったダブルヘアピン、2個目の進入で軽ーくリアが流れてるんだけど・・・タイヤのクリップ感が良い感じに来たので、このままアクセルONで一発アタックしてみますか!

オレ、プレッシャーある方が、車を上手にコントロールできるみたい。。。15分間の走行時間内で、狙って一発タイムをだすっのて、結構快感!!こないだのスーパーGTの予選の時も、かなり追い詰められた状況でタイムアタックしたんだけど、なんかかなり落ち着いて上手く走れたし・・・・

ボク、追い詰められた方が結果出るタイプ?(そういえば中学・高校のときも試験前日しか勉強しないタイプだったけ?)

さて、計測1LAP目、タイムは1分46秒55。

よし、イメージ通り、しかし、これ以上のイメージがないので、計測2LAP目は、アドリブでブレーキポイントを各コーナー1〜2メートル詰めてみますか!

しかし、タイムは上がらず、1分47秒2、念のために計測3LAP目もいってみます。

今度はアドリブで立ち上がり重視で、ブレーキポイント変えずに、踏力をちょっと弱めに・・・・あれ、タイヤの美味しいとこなくなった見たい。。。1分47秒5だって・・・もうタイムでないからアタック止めよーーっと。



この時点で無線で順位を確認すると2番手とのことなので、一旦ピットに戻ることに・・・


結局、計時モニターでは、Aドライバー予選ST4クラスの4番手なので、このまま走行終了です。あとは、Bドライバーの山本すばる選手に、おまかせでーーーーす。


個人的には、目標の1分46秒台が出せたのでOKです。


あとは、予選のグリット位置は、すばる選手のプッシュで高位置を狙って下さーーい。オレ、楽しちゃうモンね!




■Bドライバー予選

じゃ、ボク、Aドライバー予選、がんばったので、ヘルメット脱いで、ドリンク、タ〜〜イ〜ム。
おいしいお水飲んじゃいますね。

ゆっくり、一生懸命くつろいでいるので、山本選手、ガンバちゃって下さい!!


ハイ!!すばる選手、やりました。Bドライバー予選、2番手です。タイムも1分44秒台とかなり良い感じ。。。昨日のフリー走行、1分47秒くらいで走ってたのは、もしや、三味線だったのですか?すばらしいです!!


おかげで、予選3番手と、いつもの定位置?に返り咲きました。
金曜日のフリー走行では、5〜7番手のタイムしかでていなかった状況を考えると予選は、最高の結果ではないでしょうか?
明日の決勝レースも手堅い走りで入賞目指します!!







9月7日(日) 決勝レース

決勝スタート前は、ピットウォークの時間です。今回、我チームには4名のキャンギャルが付き、華やかなムードが漂っています。ボク、がんばって決勝レースのスタートしちゃいます!


スタートは午後1時25分。しかし、ピットウオーク終了間際からの通り雨がサーキットを濡らします。コースの一部は完全ウェットです・・・しかし、通り雨は急に無くなり、コースイン間際には、空は完全に晴れ、日差しもかなり強くなってきます。
気温は28℃なんですが、ものすごく蒸暑い感じです。


いつもは、コースインして、ダミーグリットに車を着けるとスタートまでの20分くらい、車から降りてヘルメットを脱いで、くつろいでいるのですが、今回は、湿度がものすごかったので、メガネを曇らせたくないので、20分、車の中から降りず、スタートに集中してました。。。(ホントは居眠りだったかも?!)



はい。急にあわただしくなり、ピットクルーもコースから退去命令が出て、レーススタートです。いつも通り、スタート方式は、ローリングスタートです。Takamori.com選手は、ローリングスタート得意なので、いつも通り気楽にスタートするつもりでしたが、結構ゆっくり目のスタートだったので、2速ギアを使いながらサイティングラップ行いました。



なんか、ギアが入り悪い・・・よな・・・なんだろ???スタートで3速にシフトアップしたところで、なんか引っかかった感じがした・・・・でも、もうスタートだし。確実にトラブルでもないし。。ちょっと様子見で走るしかないよね!よし、スタート。うーーん。ギアのシフトアップが上手くいかない。ギアの抜けと入りが重いぞ・・・なんかシフトおかしい???



スタートの周、早くも69号車にバックストレート後の左下りコーナーのアプローチでインに飛び込まれます。ここは無理せず、先に69号車を行かせて・・・っと。あれ?なんかギア入らない・・・そのうち、55号車もサイドに並びかけてくるし。。。。ちょっと序盤は分が悪いな・・・・しばらく、55号車と並走してみますか・・・・うーーん。辛い。ギアが・・・55号車に抵抗するも、ペースが違うので軽く抜かれちゃいました。ヤバイな!ペースが上がんない・・・リアタイヤのグリップ強すぎ。。。

ちょっと、リアのロール抑えて、タイヤの発熱を下げなきゃ・・・・えーと18号車は上手く抑えてと・・・・


10周くらい走ると、リアタイヤも落ち着いてきたので、ペースアップ!!先ほど抜いていった55号車と69号車があっというまに目の前に迫って着ました。次の周に2台まとめて抜いちゃいますか?2コーナー立ち上がりから、バックストレートまでは、こちらのほうが全然速いので、ダブルヘアピンを上手く処理して最終から差を詰めていけば、バックストレートで楽に抜けるでしょ。

ダブルヘアピンの立ち上がりも上手くいった!!よし。シフトアップ!!
あれ??  あれ??????????

ギアが、、、、

シフトが3速で固定されたまま。動かない!! ヤバイ!!

ギアどうした???


いまなら、ギリギリでピットロード飛び込める?
縁石乗りながらピットロード入れそう!でも、ペナルティ取られるかも・・・・・・

無理やりハンドル切って、コンクリートの正面に車を真っ直ぐ向けて、乱暴にエイヤー!!ってステアきり、無理やりFドリさせて、ラインカットせずにピットロード侵入に成功!

その瞬間。もう一回、ギアを触ると、2速には入った!!
治ったかな?

3速にシフトアップしようとするも・・・・2速から今度はギアが抜けなくなった・・・・・・
ピットロードーリミッターのスイッチ入れて、9Aピットに頭から飛び込みます。
メカニックがボンネントを開け、なんか作業をしています。



ジャキアップしてギアを入れなおすと。あれ?治ったかも?
ピット内で、1速から5速までギアをアイドリングでつなぐと、ギアが入ります。OK?治った?
『取りあえず、走ろう!』って事で、落ち着いて、ピットロードを制限速度ギリギリで飛び出します。



ST4クラスの全車に周回遅れにされてしまったけど。頑張って走るしかないよね。。。
ピットロードをでて、まずは1周走ってみますか!!
うーーーん。どうやら治ったらしい。。けど・・・・・ホントに大丈夫? 完璧に治った???



また、ギアがスタックしちゃうと・・・って不安感からアクセル踏めないんだけど、メカを信じて、全開で走るしかないよね。
タイムはコンスタントに1分49秒台。トップまでは追いつけないけど、このペースならゴール寸前で、3位には追いつけるペース。。。その後、ノントラブルで60周を走りきり、山本すばる選手にバトンタッチ!!



結局、山本すばる選手の快走で、3位と同一周回の4位まで順位を戻し、無事、レース完走となりました。





ホームにもどる >>